印鑑の書体で知っておきたい行書体の特徴

印鑑を作るときにはどの書体にするかで悩むことがよくあります。様々な書体の中から自由に選ぶことができますが、よく選択されている書体として行書体があります。行書体とはどのような書体なのでしょうか。この記事では印鑑に用いられている書体の中での行書体の位置付けや用途、選び方のポイントなどをわかりやすく解説します。

贈答用の印鑑とはどのようなものなのか


印鑑には様々な書体が使われている

印鑑に彫り込む文字の書体には昔から様々なものが用いられています。最も崩れていて人気がある書体として知られているのが印相体あるいは吉相体と呼ばれているものです。印相体は印鑑の枠と彫り込む文字がくっついている部分がたくさんあるのが特徴です。

基盤になっているのは篆書体と呼ばれる書体で、篆書体を上下左右に引きのばしながら崩すようにして印相体が作られています。印相体はベースになるのが篆書体ですが、その姿をどのように変形させて印鑑に合わせるかは職人のデザインセンスによって左右されます。

そのため、唯一無二の印鑑ができるメリットがあり、実印や銀行印でよく用いられている書体です。篆書体は最も歴史がある書体の1つで、お札にも印字されていることから見たことがある人も多いでしょう。

文字を正方形の枠に合わせるように崩して全体に広がるように作り上げられているのが特色です。文字が判読できなくならない程度に最大限に崩してあり、力強くて味がある仕上がりになっているのが魅力としてよく話題になっています。

読むことができないわけではありませんが、崩れすぎていて判読に時間がかかる場合が多いのも特徴です。

そのため、可読性を重視するケースではあまり用いられないものの、実印では個人か法人かによらずよく活用されています。この他にも印鑑をオーダーメイドするときには隷書体や古印体もよく用いられています。

隷書体は秦の時代に作られた中国産の書体で、はっきりとしていてバランスが取れた書体なのが特徴です。隷書体に丸みを帯びさせて柔らかい印象を与えるように仕上げられた国産の書体として知られているのが古印体です。

隷書体も古印体も可読性が高く、遠くからの視認性も高いことから彫り込んだ文字をはっきりと読めるようにしたいときに向いています。銀行印や認め印では隷書体や古印体が選ばれることが多く、法人の実印ではあまり利用されていません。

故人の実印では利用されているケースもありますが、セキュリティの関係から個人事業主の場合には避ける傾向があります。

行書体とはどんな書体か

印鑑に用いられている書体の中で行書体はどのような位置付けになるのでしょうか。行書体とは楷書体を崩してやや走り書きをするような感じに仕上げられた書体です。滑らかに筆を動かしていったときにできる文字をイメージして作られているのが特徴で、腕の良い書家が毛筆で文字を書いたときのような仕上がりになります。

楷書体は中国で南北朝時代頃から採用されたはっきりとしている文字で、書道を学ぶ際には基本の書体として選ばれてきました。可読性が高いことから認め印でしかあまり用いられていません。行書体は楷書体に比べると少しおしゃれな雰囲気があることから個人からも法人からも人気があります。

しかし、読みやすいことから実印に用いられているケースはあまり多くありません。

行書体がよく用いられているケース

印鑑を作成するときに行書体が選ばれているケースとして最も多いのは認め印で、銀行印にもしばしば用いられています。認め印や銀行印は判別しやすいことが重視されるからです。銀行印の場合には同一のものが偽造されてしまうリスクを懸念しなければならないため、一般的な行書体はあまり用いられていません。

唯一無二の文字になるように、職人にデザインをしてもらった行書風の文字で印鑑を作成するのが基本です。ただ、認め印であればパソコンなどでよく利用されている行書体のフォントをそのまま使っても問題がないケースも多いでしょう。

偽造によるトラブルが起こり得ない場合には簡単に作成してもらえるため、安価な印鑑としてもしばしば注目されています。

行書体と比較しておきたい書体

行書体はおしゃれで存在感もある仕上がりになり、文字も読みやすいのが魅力です。行書体で印鑑を作りたいと思ったときには類似している書体も比較してベストなものを選ぶようにしましょう。楷書体では味気ないと思っている人が比較しておくと良いのが隷書体と草書体です。

文字が流れるような姿の方が好ましいと思うなら行書体が魅力的ですが、もう少しはっきりとした姿にしたいなら隷書体が望ましいでしょう。もっと文字を崩して味がある印鑑にしたいという場合には草書体の方が良い可能性があります。

どちらも典型的なフォントがあるので、サンプルを比較してみるとどんな仕上がりになるかをイメージできます。

既製品には行書体が多い

印鑑の既製品には行書体のものが多いので注意しましょう。楷書体、行書体、古印体の基本的なフォントを作って量産されているものが大半をしめていて、人気がある行書体はかなり広いシェアがあります。既製品のものと同じフォントを使ってしまうとオーダーメイドにする意味が半減してしまいます。

認め印にする目的で特にオリジナリティーも求めない場合には既製品でも十分で、費用的には負担が軽減されるでしょう。ただ、他の印鑑と似ているのは嫌だというこだわりがあるなら、既製品を使わないだけでなく、行書体にするかどうかからよく考えるのが大切です。

オーダーメイドで行書体を選ぶときのコツ

オーダーメイドの印鑑を作るときに行書体を選びたいと思っているなら、職人にオリジナルのデザインをしてもらいましょう。腕が優れていてセンスが良い職人にデザインしてもらうと、同じ行書体でも味わいが違うものができます。

どんなイメージの行書体にして欲しいかを伝えると工夫してデザインしてくれます。オリジナルにすれば銀行印として使うのにも問題ないので、行書体にこだわるなら職人と相談して印影を作り上げましょう。

流れるような動きのある文字が好きなら行書体を選ぼう

印鑑によく用いられている書体について紹介してきましたが、行書体は数ある書体の中でも流れるような動きがあるのが特徴です。毛筆で滑らかに書いたときにできる形状を重視して作られている書体だからです。

その姿を好むなら行書体を選んで印鑑を作成しましょう。類似している書体も比較して、納得できる一本を作り上げるのが大切です。

画像から印鑑を作れる?フリーソフトで電子印鑑を作成する方法