ポンと押せる印鑑が手元にあると便利

書面のデジタル化が進んでいるとはいえ、まだまだ紙の書類でのやり取りは多くなっています。その中で印鑑を押す機会もまだまだあると感じている方も多いのではないでしょうか。押す回数も多くなるので、気軽に持ち歩けてポンポン押せる印鑑が手元にあると便利です。

持ち歩きたい印鑑の形や工夫についてチェックしていきましょう。

贈答用の印鑑とはどのようなものなのか


頻繁に押すからこそ簡単に扱えるものを

ハンコの出番はまだまだ多くあります。特に仕事をしている方は、書類の確認の印や作業終了の印などで頻繁に使っていることも多いのではないでしょうか。仕事中に使うものだからこそ、扱いやすくすぐに押せることが必要になります。

仕事に差し支えないようにすることが必要になるからです。また、きれいに押印できないと問題ですから、急いで押してもきれいに仕上がることも必要になります。あれこれ持ち歩くことは難しい場合も多いので、ワンタッチで使えるものなどがおすすめです。

仕事の場だけではなく、自宅でもハンコの出番はたくさんあります。特に最近は通販を利用する機会が多くなっているので、受け取りの際の押印が求められる場合が多くなっているでしょう。サインをすることもできる場合が多いですが、ワンタッチでポンと押せる印鑑なら時間も短くて済みますし、接触も最小限にできます。

暮らしていくうえでもメリットが多くあるのです。日常的に使うものだからこそ、ぜひ扱いやすい印鑑を一つ持っておくようにしましょう。

スタンプ印なら手軽でお勧め

印鑑には様々な形がありますが、日常的に利用するものはスタンプ型の印鑑がおすすめです。もちろん公的な文書などに使うことはできませんが、ちょっとしたサイン代わりや名前つけなどには十分利用できます。いちいち朱肉を出して押し付けてから押印し、またしまうなどの手間がかかってしまうと使いにくさを感じてしまいます。

使うまでや使った後の収納などにも時間がかかるので、ちょっとした用途で使うには向かないでしょう。その点、スタンプ印ならキャップを外すだけの手間でポンと押すことができるので、短時間で手軽に利用することが可能です。

急いで使いたいときにはもちろんぴったりなので、スピードを求められる仕事の時には強い味方となってくれます。生活の中で使うときにももたつかないので、役立つシーンも多くなるでしょう。朱肉を付けて押すタイプの印鑑に比べると、文字などがはっきり見やすいのもポイントとなります。

ぶれたり周囲を汚したりしにくいため、きれいに仕上げやすいので持ち物の名前付けなどにも活躍してくれます。ぜひこうしたスタンプ印を手元に備えておけるようにしたいものです。

スタンプ印が使えないシーンでは

スタンプ印は気軽にポンポン押すことができるので、様々なシーンで利用しやすいものですが、場合によっては利用できないこともあります。やはり正式な書類などにはスタンプ印では対応できないことがあるのです。そのような場合は従来通りに固い素材でできていて朱肉を使ったタイプの印鑑を使うことになるのですが、朱肉の持ち歩きや押すときの手間などは避けられなくなります。

最近はそういった手間を解消するグッズも出てきているので、上手に利用していきましょう。印鑑ケースの中には、印鑑の収納と朱肉が一体化しているものがあります。そういったものを使うと持ち歩きが楽になるでしょう。

また、スタンプ印の感覚で通常の印鑑を利用できるアイテムもあります。ケースの中で朱肉が印鑑についていて、ケースを開けてそのまま押印することができるものがあるのです。これならスタンプ印と同じような感覚で使いやすくなるので、活用シーンも増えていくことになるでしょう。

印鑑の大きさなどを確認して、利用できるケースを探してみましょう。

印鑑は用途に応じて複数持っておくのがおすすめ

印鑑の使い方は場面によってそれぞれ異なります。同じ人であっても状況に応じて使う印鑑を変えていく必要があるのです。だからこそ、用途に応じて複数持っておくようにしましょう。正式な契約などに利用する印鑑はほとんどの方が持っていることでしょう。

しかし、それだけでは日常的に気軽に使うには向きません。すでに印鑑を持っていても、新しいものを購入してみる意味は大きいでしょう。特にスタンプ印については気軽に使えますし、時短にもつながります。例えば、ペンと一体化したタイプの印鑑なら、胸ポケットにさしたり、ペンケースに入れて持ち歩いたりすることができます。

使いたいときに手元に合ってすぐに使えるのは便利です。特に仕事で使う場合には胸ポケットなどに備えておけるとすぐに使えて便利でしょう。こうしたときに本格的な印鑑を持ち歩くことは安全性を考えると避けたいところです。

紛失の恐れなどもあるからです。簡易的なスタンプ印のタイプであれば、持ち歩きしやすい形も多いですし、安価なものも出ているので、気軽に持ち歩けます。最近印鑑を使う機会が増えてきたと感じる方はぜひこうした形でスタンプ印を中心に増やしてみると便利です。

見た目にもこだわって選びたい

印鑑はもちろん使いやすさも重要なポイントではありますが、見た目にもこだわってみたいものです。材質などによっても色や雰囲気が変わってきます。

若い女性ならかわいらしい見た目のものにすると持ち歩くときも楽しい気分になれてプラスになります。ケースを交換できるものもあるので、その日の気分やファッションに合わせてケースを変えてみるのも素敵です。ビジネスで使うなら少し落ち着いた雰囲気の高級感あるものが向いているでしょう。

毎日使うものですし、使うときには気分よく使っていきたいアイテムでもありますから、自分が好むデザインのもの、自信をもって使えるデザインのものを選んでいきましょう。ある程度は長く使うものでもあるので、少し高級なものを選んでみてもいいかもしれません。

仕事や生活を支えてくれる自分らしい印鑑に出会えるようにさっそく探してみてはいかがでしょうか。

気軽に押せる印鑑を役立てよう

印鑑は仕事や生活に欠かせないものでもあります。気軽に使えるようになると様々なことがスムーズに進みやすくなるメリットもあるのです。本格的な印鑑を持っている方でも、もう少し気軽に使えるものを用途に応じて揃えていくようにしましょう。

必要なときにポンと押せるものが手元にあると、大きな助けになってくれることもあるはずです。